検査機について

自律神経の検査機

自律神経検査機は医療認定された検査機で、自律神経・ストレス・疲労を測定することができる機械です。

今では自律神経が病気の原因に関係していることは常識になりました。特に内蔵疾患や免疫疾患、内分泌疾患の病気などは自律神経が大きく影響しています。身近な所では肩こり・頭痛・腰痛なども自律神経の影響を受けています。

一般的な自律神経の考えは交感神経と副交感神経のバランスが大切だと言われています。しかし、当院では自律神経のバランスよりももっと大切なことがあると考えています。 それは自律神経活動です。自律神経活動とは自律神経そのものが正常に機能しているかどうかと言うことです。

バランスを見る前に自律神経そのものが正常に機能しているかを見ることの方が大切であると考えています。この検査機では自律神経活動がどのくらい正常に機能しているかも検査数値とグラフで見ることができます。

つまり、自律神経の状態を知り、その結果からでたデータ(グラフ・数値)をもとに自律神経機能を改善することは病気の改善や予防に大きく関係しています。自律神経の検査機で検査できることは自律神経の状態や肉体的疲労度、ストレス抵抗度、静脈・動脈の硬さ、心臓の活動年齢などを検査することができます。

当院で自律神経に関する患者様が多く来院されるのは検査機により、ご自身では把握できない数値やデータなどを客観的に知ることが出来るからです。また、施術や自己管理によりどのように自律神経の状態が変化したのかも知ることが出来る為です。

自律神経が障害(自律神経失調症)することで出現する主な症状には腰痛・肩こり・頭痛・耳鳴り・疲れ目・のどの違和感・動悸・めまい・立ちくらみ・息が詰まる・吐き気・胃の不快感・下痢・手足のしびれ・手足の冷え・多汗・頻尿・倦怠感・疲れ感・不眠症・生理不順などがあります。

 

※検査機による検査は自費施術の方のみで、
且つ、検査機を使用する必要性のある方のみ行っております。

 

【注意】
各種検査機により出た各データは患者さんへのアドバイスや数値の変化を共有する為のものであり、病名の診断などは致しませんのでご了承ください。