スタッフ紹介

院長:荻原 良孝

院長:荻原 良孝

資格
柔道整復師・鍼灸師(国家資格)
出身
埼玉県上尾市
趣味
ルアーフィッシング・手品・格闘技観戦・サッカー観戦・読書

施術家になったきっかけは?

高校生の時に指を痛めて小学校の時の友人のお父さんの接骨院に通院しました。通院してケガを治して頂いているうちに友人のお父さんの人柄もあり医療関係の仕事につきたいと思いはじめました。

また私自身10代・20代は非常に身体が弱く病気がちでした。腰痛・肩こり・頭痛・めまい・坐骨神経痛・自律神経失調症・帯状疱疹・肺炎などなど身体の不調で悩んでいました。

10代の頃から漢方薬を煎じて飲んだり東洋医学のツボの本などを読み自己治療を行っていました。身体を良くすることには非常に興味があったため今の仕事を選んだのだと思います。

施術家になれて本当に幸せです。

これまでどのような勉強されて来たのですか?

最初に私をこの道に導いて頂いた理学療法士の先生に関節運動学療法を習いました。そこから身体の本当の原理を求めて九州の熊本の先生の所まで勉強に行かせて頂いております。熊本では身体の構造の本当の原理、解析を行った先生の基で勉強に励んでおります。

人間が地球上で生きていくには様々な原理と法則が働いています。人間が地球上で生きて行くには重力・空気(酸素など)・気圧などがないと生存できません。その絶対的な原理・法則から診ていく身体の解析が本来私たちが地球で生きて行くために必要不可欠なことです。

逆に言うとその原理・法則から反した時に私たちは身体に様々な障害や問題が行って来ます。日々の診療でも患者様がその地球の原理・法則からどのように反してしまったのかを検査や施術に取り入れて行っております。

東洋医学に関してはレインボー療法(ささない鍼)を中心にいくつか学んで来ました。その東洋医学の施術も取り入れさせて頂いております。東洋医学の素晴らしさは身体全体を診ることで筋肉・関節・神経だけでなく内蔵のバランスも改善でき体質改善にも貢献できることです。

 

どのような想いで施術をされているのですか?

20歳の時に腰痛と坐骨神経痛で苦しんでいました。歩くことや座ること、寝ることも辛っかたのを覚えています。

わらをつかむ思いで近所の整形外科と整骨院に行きましたが詳しい検査もなくマッサージと電気治療だけで湿布薬だけもらい帰りました。しばらく通院しましたが一向に改善しませんでした。

当時、通院していた整骨院の先生にお伺いしました「なぜ良くならないのでしょうか?そもそも根本的な原因は何なのでしょうか?根本的な施術を受けているのでしょうか?」と。明確な返答を頂けなかったのを覚えています。

そんな思いから自分が施術家になったら患者さんが不安になるようなことは止めよう。患者さんが納得して頂ける施術と施術の説明をしようを決意しました。

お越し頂ける患者さんには安心して納得して頂ける施術を行うことが私の理念でもあります。

私の施術に対する想いは患者さんを骨や筋肉、神経、内蔵と分けてみるのでなく地球上で生きる一つの生命として全体を診ることで本来あるべき姿に戻るように施術を通してお手伝いすることなのです。

どこに行っても改善しない方、説明に納得の行かない方は一度ご相談頂ければ幸いです。私の持っている知識・技術・技能の全て駆使して身体を改善するお手伝いをさせて頂きます。