TOP 自律神経の説明

はじめまして『自律神経と痛みの専門院』のひなた治療院です。

ここ北本で16年、他にない施術でこれまで多くの方々の悩みのお手伝いをしてきました。「8年ぶりに肩首の重さが取れた」、「身体が良いとはこんなに楽な感じなんですね」と言った嬉しい声を頂きました。

もし、今あなたが痛みやしびれ、不定愁訴などの身体の不調で根本から改善せずに悩んでいるとしたら改善しない理由がどこかにあるのかもしれません。

施術を受けたり薬を飲んだあとは一時的に変化があっても、すぐに戻ってしまい根本から改善しないのはなぜなのでしょうか。

世界的な手技療法の論文でも慢性的な不調や症状には自律神経が関係していると言われています。

自律神経は身体の生命を維持するために24時間、365日、働き続けている大切な神経です。

そして、呼吸をはじめ血流の流れや内臓の働きなど生命を維持するために働いているのです。

この自律神経のバランスが崩れると身体に大きな影響をあたえます。
どのような影響かと言うと身体は硬くなり、動きが悪くなり、冷えて、疲れやすくなるのです。

あなたの痛みや慢性的な症状が根本から改善しないのは自律神経が原因かもしれません。

当院では自律神経の影響と知らずに様々な症状や不調の方がお越しになります。

自律神経が原因と聞くと多くの方が「心の病」や「うつ病」などを連想される方が多いかと思います。

しかし、自律神経の影響は慢性的な症状の全てに関係するのです。

慢性的な不調を始めとする痛み・しびれ・コリ感・疲労感・倦怠感・冷え・気力や気持ちの低下などに関係します。

 

自律神経が乱れる原因は『無理な仕事の量や不良姿勢、食事の質や量の乱れ、睡眠不足、精神的な要因、急激な気温の変化、電磁波、薬害』など様々です。

自律神経をコントロールするのは脳そのものです。様々な原因で脳の状態が悪くなると自律神経は乱れます。

自律神経が乱れることで身体を回復する力や治す力が低下してしまうのです。

 

自律神経は脳からの電気信号により身体を24時間管理し続けています。

自律神経が乱れている状態は脳からの電気信号が正常に送られていない状態なのです。

自律神経の乱れを改善するには脳からの電気信号を正常にもどすことが必要になります。
脳は頭蓋骨の中に入っているため頭蓋骨を調整することで脳機能が改善していきます。

では、どのように頭蓋骨を調整していくのでしょうか?

人間は母親のお腹の中で小さな細胞から身体を形成していく際に頭蓋骨や身体のゆがみの方向がつくられます。

母親のお腹の中にいる時に右を向いているか左を向いているかでゆがみの方向が決まってしまうのです。

つまり、人間の身体は産まれる前から人それぞれの正しいゆがみの方向が決まっていると言うことなのです。

正しい方向に頭蓋骨を調整することで脳などの神経の機能は良い状態になっていくのです。

当院の頭蓋骨の施術は検査により母親のお腹の中でどちらを向いていたのかを確認してから調整します。

頭蓋骨を母親のお腹の中にいた時の安全で安心な状態に戻すことで脳は心地よい状態に戻り脳機能が改善して行くのです。

脳機能が改善した状態で背骨や骨盤、筋肉、内臓などの全体を調整することで慢性的な症状が改善しやすくなるのです。

慢性的な症状を繰り返す方や根本から改善しない方は脳機能が正常に働いていないことが原因かもしれません。

※当院の頭蓋骨の調整はやさしい力で調整を行うため痛みなどはありませんのでご安心ください。

 

慢性的な症状を根本から改善するには患者さん自身の自然治癒力、回復力を取りもどすことが大切です。

そのために頭蓋骨から背骨・骨盤・筋肉・内臓・血流などを総合的に調整して治る力を上げることなのです。

しかし、どんなに良いお手伝いをさせて頂いても患者さんご自身で脳や身体の状態を悪くさせてしまっては意味がありません。

施術により一時的な変化を起こすだけでなく根本的な変化に変えて行く必要があります。

その為には痛みや症状を作りだしている患者さんご自身の悪い生活習慣も見直す必要があります。

その習慣を見直すためのセルフケアや自己管理方法もお伝えさせて頂いております。

病院などの医療機関でも使用する医学的な根拠のある『自律神経専門の検査機』により一人ひとりの自律神経の状態や疲労指数などを検査しています。

自律神経の状態を数値やグラフで見える化にすることにより今の状態をわかりやすく確認することができます。

当院では長年の検査で集めた多数のデータをもとに研究した当院独自の見解によりご説明させて頂いております。

独自の見解では検査データと各症状との関連や東洋医学との関連なども患者さま一人ひとりに合わせてご説明させて頂いております。

 

※詳しい検査機の詳細はこちら

当院で行う東洋医学の施術は刺さないハリの施術器具をツボや痛みの部位などにアプローチします。

刺さないハリは電気のような良性エネルギーを放出しているため、内部にたいする浸透性により頭蓋骨の外から当てることで脳の中まで調整することができる特殊なハリです。

臨床の症例では脳外科医が治療で使用するほど自律神経疾患をはじめ脳梗塞やパーキンソン病などの脳の病気にも良い結果をだしています。

特に自律神経の疾患を始め痛みやしびれ、内蔵の調整などには効果を出しているハリになります。

刺さないハリの主な特徴は

  1. 刺される怖さがない
  2. 衛生的に安全である
  3. 出血などの心配がない
  4. ハリが体内で折れる不安がない
  5. 関節や頭蓋骨の中まで施術が可能

です。

感覚が敏感な方は当てているだけで「ジリジリ伝わって来る」や「温かくて芯に届く感じがする」などの声をあげる方々がも多いハリです。

その効果は東洋医学では本場中国の大学病院の医師達も臨床で使用し、刺すはり以上の効果を実感して驚くほどの効果を出しています。

 

※東洋医学について詳しいご案内はこちら

ひなた治療院